FXの始め方とは?取引開始までのやり方と初心者におすすめのFX会社3選

FXの始め方とは?取引開始までのやり方と初心者におすすめのFX会社3選

  • そもそもFXはどんな投資なのかな?
  • 始めるには何からすればいいんだろう?
  • 初めてのことだから不安だな

FX初心者の方は、このようにお考えではないでしょうか?

上記のような悩みを解消するために、この記事ではFXの始め方とやり方について解説します。

また、後半では初心者の方がかかえやすい疑問についても回答しています。

FXについて疑問がある方はぜひ参考にしてみてください。

【前提知識】FXとは?利益が出る仕組みを解説

FXとは通貨の売買をおこない、為替レートの変動を利用して利益を得る取引です。

たとえば1ドル=100円の時にドルを買い、その後1ドル=110円まで推移した場合、購入時との価格差は110円-100円=10円です。

仮に、1ドル=110円の時点で決済すると、1ドルあたり10円の利益が生じます。

また、上記の例は「買いポジション」から入っていますが、反対の「売りポジション」から入った場合でも、同様に利益を狙えます。

  • 買いポジション:安く買って高く売る(1ドル=100円→1ドル=110円)
  • 売りポジション:高く買って安く売る(1ドル=110円→1ドル=100円)

ただし、為替レートが希望していた方向と反対に推移した場合、利益が得られず損失となるため、その点には注意が必要です。

FXは将来の価格が上昇と下降のどちらに推移するのかを予測し、変動によって生じた価格差が利益となる金融商品です。

FXの始め方・やり方を4つの手順で解説

FXの始め方を4つの手順で解説します。

  • 口座を開設するFX会社を決める
  • FX口座を開設
  • 証拠金を入金
  • FX取引を開始

それぞれの手順を深掘りして解説します。

手順1.口座を開設するFX会社を決める

FXを始めるにあたり、まずは口座を開設するFX会社を選択する必要があります。

FX会社とは、FXに必要な口座・チャート・情報サービスの提供をおこなう会社のことです。

FX口座を提供している会社は数多くあり、それぞれで特徴が異なります。

そのため、FX会社をなんとなくで決めるのではなく、それぞれの特徴を理解した上で決めることが大切です。

具体的には、下記のポイントを参考に選ぶと良いでしょう。

  • 最低取引単位
  • スプレッドは狭いか?(手数料が安いか)
  • スワップポイント(金利差)はどのくらいか?
  • 約定率の高さ
  • サポート体制の充実

FX会社のホームページだけでなく、クチコミ・評判を参考にすることで、よりリアルな情報を元にFX会社を選べます。

手順2.FX口座を開設

Fx口座開設の手順は次の通りです。

  1. 申し込みフォームから申し込む
  2. 必要情報の入力(名前・資産状況・投資目的など)
  3. 必要書類の提出
  4. 審査
  5. 開設完了

必要情報として提出を求められるものは、本人確認書類とマイナンバーです。

提出方法は、一般的にWebアップロード・郵送・FAXの3種類から選択できます。

ただし、学生の方など未成年の場合は、郵送のみとなっているため注意が必要です。

FX口座の開設にも、銀行口座と同様で審査があります。

仮に、必要情報の入力ミスや必要書類に不備が合った場合は、審査を通過できない可能性があるため、くれぐれも不備がないようにしましょう。

FX口座開設は早ければ、申し込み当日に開設されます。

手順3.証拠金を入金

FX口座の開設が完了した後、FXに必要な証拠金を入金します。

入金方法は、クイック入金と口座振込の2種類があります。

クイック入金とは、24時間対応で手数料が無料の入金方法です。

また、入金後即座に反映されるため、タイムラグがありません。

一方、口座振込では手数料がかかる上に、入金後のタイムラグがあります。

そのため、証拠金の入金方法はクイック入金がおすすめです。

ただし、中にはクイック入金に対応していない金融機関も存在するため、その点には注意が必要です。

手順4.取引開始

証拠金の入金が確認できれば、いよいよFX取引を開始できます。

FX取引のやり方をまとめると、下記の4ステップです。

  1. 取引する通貨ペアを決める
  2. 相場の分析
  3. 売り買いを決めてエントリー
  4. 決済

FXの通貨ペアはFX会社によって異なり、20~30ペアほどあります。

FX初心者の方には、取引量の多い通貨ペアがおすすめです。

その理由は、急激な値動きが起きにくく、相場の流れに乗りやすいからです。

世界的に取引料の多い通貨ペアは、ユーロ/米ドルと米ドル/円の2つです。

まずはFXになれるためにも、初心者の方にはユーロ/米ドル・米ドル/円がおすすめです。

初心者におすすめなFX会社3選

先述したように、世の中には数多くのFX会社があります。

FX初心者の方におすすめなFXを厳選して、3つ紹介します。

  • DMM FX
  • GMO クリック証券
  • SBI FXトレード

おすすめ1. DMM FX

最低取引単位1lot=10,000通貨
取引に必要な最低証拠金(米ドル/円)44,000円(1ドル=110円)
スプレッド0.2銭(米ドル/円)0.5銭(ユーロ/円)1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア21種類

DMM FXは、初心者から上級者まで幅広いトレーダーが利用するFX会社です。

これまでに開設した口座数は、なんと80万口座以上。

DMM FXをおすすめする理由は、誰でも使いやすいFX口座だからです。

取引ツールが充実している上に、操作画面が非常にシンプル。

また、FX初心者向けのガイドがあり、FX口座・FX取引に関する疑問について解説してくれています。

初めて使う方でも迷うことなく使いやすいのが、DMM FXです。

おすすめ2. GMO クリック証券

最低取引単位1lot=10,000通貨
取引に必要な最低証拠金(米ドル/円)44,000円(1ドル=110円)
スプレッド0.2銭(米ドル/円)0.5銭(ユーロ/円)1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア20種類

GMO クリック証券は、FX取引高が世界第一位のFX会社です。

また、東証一部上場企業が運営しているため、安心して利用できるでしょう。

GMO クリック証券をおすすめする理由は、取引コストが圧倒的に安いからです。

一般的なFX会社では、状況に応じてスプレッドが広がります。

しかし、GMO クリック証券のスプレッドは原則固定です。

そのため、取引コストが高くなるリスクがありません。

今なら最大で30,000円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンを開催しています。

とにかくお得に始めたいという方には、GMO クリック証券がおすすめです。

おすすめ3. SBI FXトレード 

最低取引単位1lot=1通貨
取引に必要な最低証拠金(米ドル/円)5円(1ドル=110円)
スプレッド0.09銭(米ドル/円)0.3銭(ユーロ/円)0.69銭(ポンド/円)
通貨ペア34種類

SBI FXトレードは、通貨ペアが非常に豊富なFX会社です。

SBI FXトレードの最大の特徴は、FXを少額から始められることです。

一般的なFX会社の最低取引単位は、1,000~10,000通貨と高く設定されています。

それに対して、SBI FXトレードは1通貨から取引できるため、FX取引に必要な最低証拠金がたったの5円です。

一般的なFX会社のおよそ「8,800分の1」の金額で始められるため、FX入門のためにまずは小さく始めたいという方におすすめなFX会社です。

【初心者必見】FXを上達させるための3つのポイント

FXを少しでも早く上達させるためには、3つのポイント押さえておく必要があります。

  • 自分の取引スタイルを決める
  • 多くの取引をおこない練習
  • 自分の取引結果を分析

ポイント1.自分の取引スタイルを決める

FXを少しでも早く上達させるためには、自分の取引スタイルを決めることが大切です。

その理由は、取引スタイルを決めることで、学ぶべき知識を絞り込めるためです。

FXの取引スタイルは、主に4つあります。

  • スキャルピング(一部FX会社で禁止):短期取引
  • デイトレード:短期取引
  • スイングトレード:中期取引
  • ポジショントレード:長期取引

この4つの取引スタイルは、取引期間や分析方法が異なるため、必要になる知識も当然異なります。

 FX初心者の方は、どの取引スタイルにするのかを決め、まずは必要な知識だけを学ぶようにしましょう。

ポイント2.多くの取引をおこない練習

FXを上達させるためには、実際に取引をおこなって練習する必要があります。

本や動画などでは、すでに形成されたチャートを元に解説していることがほとんどです。

しかし、実際のFXでは常にチャートが形成されており、将来の値動きを自分で予測しなければなりません。

将来の値動きを予測する力を培うためにも、実際にFX取引をおこなって練習することが大切です。

ただし、大切な資金を練習に注ぎ込むことに抵抗があるという方もいらっしゃるでしょう。

その場合には、架空のお金を使って FXの練習ができる「デモトレード」というサービスがおすすめです。

デモトレードであれば金銭的な被害がないため、まずは、デモトレードを使ってFXに慣れるようにしましょう。

ポイント3.自分の取引結果を分析

FXを上達させるためには、自分の取引内容を分析することが大切です。

自分の取引結果を分析することで、

  • 勝ちのパターンが見えてくる
  • 負けた原因が分かり、次に活かせる

というメリットがあるからです。

FXにおいて、自分の取引結果から学べることは非常に多くあります。

中でも、負けた取引を分析することで、同じ失敗を繰り返さなくなり、結果勝率は高まります。

取引が終わったら終了ではなく、次回の取引につなげるようにしましょう。

FXの始め方に関するよくある質問Q&A

FXを始めるにはどのくらいの資金を用意すればいい?

明確な決まりはありませんが、おすすめは10万円です。

先ほど紹介したようにFX会社によっては、44,000円や5円から始めることも可能ですが、ロスカットのリスクがあります。

証拠金維持率に余裕を持たせるためにも、10万円から始めることがおすすめです。

FXの練習方法を知りたい

先述したように、まずはデモトレードがおすすめです。

デモトレードは実際の資金を運用するわけではないため、ダメージ無しで練習できるからです。

ただし、デモトレードでも緊張感を持ってやることが大切。

架空のお金だからと手を抜いてしまっては、FXの練習にならないからです。

FXの勉強は何から始めればいい?

順番としては下記がおすすめです。

  1. 基本的な用語の理解
  2. FXの仕組み
  3. チャートの見方
  4. テクニカル分析
  5. ファンダメンタルズ分析
  6. 資金・メンタル管理
  7. 手法

まずはFXの基本的な知識、チャート分析を重点的に学習することが大切です。

その理由は、基本ができなければその先の応用(手法など)もうまく活用できないからです。

まずは、上記の順にしたがって学習することをおすすめします。

FXでかけられるレバレッジは最大で何倍?

日本のFX会社の場合、最大25倍のレバレッジがかけられます。

また、海外のFX会社では100倍以上と高水準のレバレッジがかけられます。

レバレッジは、少ない証拠金で大きな金額を取引できるというメリットがありますが、証拠金維持率を圧迫してロスカットのリスクを高めます。

レバレッジをかける際には、長期間ポジションを保有しないなど、自分の取引ルールを守ってFXをするようにしましょう。

【FXの始め方まとめ】まずは口座を開設して初陣を飾ろう!

この記事では、FXの始め方について解説しました。

FXの始め方は下記の通りです。

  • 口座を開設するFX会社を決める
  • FX口座を開設
  • 証拠金を入金
  • FX取引を開始

この記事を参考に、ぜひ挑戦してみてください。

最初のコメントをしよう

必須