FXのローソク足とは?正しい見方と分析パターンを解説

FX初心者のあなたは、次のような疑問をお持ちではないでしょうか?

  • ローソク足はどうやって見たらいいの?
  • ローソク足からどんな分析ができる?

FXでの分析において、ローソク足への理解は必須です。

この記事では、ローソク足の見方とFXの分析パターンを解説します。

この記事を読むことで、ローソク足から相場状況を正確に読み取れるようになります。

ローソク足の基礎知識

ローソク足は、FXトレーダーの間で最もよく利用されているチャート。

下記4つのデータから構成されます。

  • 始値(OPEN)
  • 終値(CLOSE)
  • 高値(HIGH)
  • 安値(LOW)

本来、為替レートは数字のみで表されるため、瞬時に相場状況を把握することが困難です。

この問題を解決したものが、ローソク足なのです。

ローソク足を見ることで、価格の推移方向や相場の加熱具合など、さまざまな情報を把握できます。

余談ですが、ローソク足はもともと江戸時代の日本で誕生したものです。

形がローソクに似ているため、その名がついたとされています。

日本で古くから知られているローソク足は、利便性が高いことで、今や世界中のトレーダーが愛用するチャートになっています。

ローソク足の仕組みと見方

引用:みんなのFX

ローソク足を構成する4つのデータは、それぞれ下記の価格を表しています。

  • 高値:対象期間内で最も高かった価格
  • 安値:対象期間内で最も安かった価格
  • 始値:対象期間の開始時の価格
  • 終値:対象期間の終了時の価格

この章ではローソク足の仕組みと見方を、深掘りして紹介します。

ローソク足の色で価格の上昇・下降を表す

FXのローソク足では、直前の終値よりも価格が上昇すると「陽線」、価格が下降すると「陰線」が形成されます。

陽線と陰線を瞬時に判断できるようにするため、ローソク足はそれぞれ色が異なります。

利用するチャートによってローソク足の色はさまざまですが、一般的には次の通りです。

  • 価格上昇を表す「陽線」:赤・黒
  • 価格下降を表す「陰線」:青・白

チャートを見ていると、値動きが一方向に推移してローソク足の色が集中するケースが少なくありません。

陽線・陰線の内、どちらか一方の形成頻度が著しく高い状態を「トレンド」と呼びます。

トレンドは、FX取引をおこなう上で重要な局面。

ローソク足の色を把握するだけでも、このトレンドの発生を瞬時に認識できます。

始値・終値に囲まれた「ローソク足の実体」

始値と終値に囲まれた上記部分が、ローソク足の「実体」です。

ローソク足の実体は売り・買い注文のうち、どちらか一方が強ければ長く形成されます。

例えば、買い注文が売り注文よりもはるかに多い場合は、上へ長い実体が形成されます。

反対に、ローソク足の実体が短い場合は、売り注文と買い注文がきっこうしている状態です。

ローソク足の実体を見ていくことで、価格推移の方向性・相場の加熱具合を認識できます。

安値・高値を表す「ヒゲ」

ローソク足の実体から飛び出たラインをFX用語で「ヒゲ」と呼びます。

ローソク足のヒゲは、対象期間の最安値と最高値を表します。

そのため、最安値・最高値が始値・終値の範囲内であった場合には、ヒゲが形成されず、始値・終値の範囲外であった場合にのみ形成されます。

ローソク足に長いヒゲをつけた場合、対象期間内で激しい価格変動が生じたと読み取れます。

ローソク足の色・実体の長さ・ヒゲの長さを読み解くことで、価格変動をより詳細に把握できます。

ローソク足の基本パターンで相場状況を把握

ローソク足の形には、いくつかのパターンがあります。

基本パターンが形成される背景には、相場状況を読み解く上でのヒントが隠されているため、理解しておくとよいでしょう。

この章では、発生頻度が高いローソク足の基本パターンを5つ紹介します。

  • 大陽線・大陰線
  • 小陽線・小陰線
  • 上影陽線・上影陰線
  • 下影陽線・下陰陰線
  • 十字線

パターン1.大陽線・大陰線

大陽線・大陰線とは、その名の通り実体部分が大きなローソク足のこと。

大きさに明確な定義はないものの、他のローソク足よりも際立って大きなものであれば、大陽線・大陰線と捉えられます。

大陽線・大陰線が発生する背景は次の通り。

  • 大陽線:買い勢力が優勢・売り勢力が劣勢
  • 大陰線:買い勢力が劣勢・売り勢力が優勢

大陽線が発生した後は、価格上昇が継続するといわれています。

また、下降トレンド中に発生した場合はトレンドの転換を示し、その後、価格が上昇する傾向にあります。

対して、大陰線が発生した後は価格の下降が継続するとされており、上昇トレンド中であれば、その後、価格が下降するケースが珍しくありません。

大陽線・大陰線の発生を注視しておくことで、相場の転換点・トレンドの発生を捉えられます。

パターン2.小陽線・小陰線

小陽線・小陰線は、実体部分が極端に小さなローソク足のことです。

大陽線などと同様で、大きさに明確な定義はないものの、他のローソク足よりも極端に小さなものが小陽線・小陰線と呼ばれます。

また、胴短な形から「コマ」と総称されることも少なくありません。

小陽線・小陰線が発生する背景は、下記の通りです。

  • 小陽線:売りと買いの力が均衡しており、買い勢力がやや優勢
  • 小陰線:売りと買いの力が均衡しており、売り勢力がやや優勢

小陽線・小陰線の発生は、相場の方向性が定まっていないことを表します。

そのため、FXの取引機会としては、おすすめできません。

ただし、小陽線・小陰線が継続した後に大陽線・大陰線が発生し、相場が大きく動き出すことがあります。

FXで狙うのであれば、この相場が動き出すタイミングが望ましいでしょう。

パターン3.上影陽線・上影陰線

上影陽線・上影陰線とは、小さな実体に長い上ヒゲを付いたローソク足のことです。

一見すると、小陽線・小陰線に似ていますが、上影陽線・上影陰線は、実体が下側に形成されており、上ヒゲが極端に長い点が特徴です。

上影陽線・上影陰線は、売り勢力が優勢になる際に発生しやすいローソク足ですが、発生する背景がやや異なります。

上影陽線では、上昇傾向中に頭打ちを受けて下降へ転換するのに対し、上影陰線は、事前に頭打ちを警戒して下降へ転換するというもの。

発生後の相場状況が同じであるため混合しがちですが、しっかりと区別しておくようにしましょう。

パターン4.下陰陽線・下陰陰線

下影陽線・下影陰線とは、小さな実体に長い下ヒゲがついたローソク足のこと。

先ほどの上影陽線・上影陰線を、ちょうど逆向きにした形で、発生背景やその後の展開も正反対です。

下影陽線・下影陰線が発生する背景は、下降した価格が押し返され、上昇に転換するというもの。

そのため、下影陽線・下影陰線が発生することで、その後、上昇方向へ価格が推移すると認識できます。

パターン5.十字線

十字線とは、始値と終値が同じで、実体が形成されないローソク足のこと。

十字線が発生する理由は、売り・買いの勢力が均衡したためです。

ただし、売り・買い勢力が均衡し続けるケースは少なく、十字線の発生後には相場が転換するといわれています。

十字線が高値圏で発生したのであれば、価格の下落へ、安値圏であれば、価格が上昇することを示しています。

複数のローソク足を使ったFX分析パターン

これまで、ローソク足1本の基本パターンを紹介しました。

しかし、ローソク足単体で分析するよりも、複数のローソク足を組み合わせて分析する方が、高精度の分析につながります。

この章では、複数のローソク足を使ったFX分析パターンを3つ解説します。

  • 窓閉め
  • はらみ・包み線
  • 赤三兵・黒三兵

パターン1.窓閉め

1つ目に解説するFX分析パターンとは、「窓閉め」です。

そもそも「窓」とは、ローソク足の終値と次のローソク足の始値との間に隙間が生じている状態です。

売り・買いのうち、どちらか一方向へ強い圧力が働くことで発生するといわれています。

FXでは、金曜日の終値と月曜日の始値とで発生するケースが少なくありません。

土・日曜日にはFX取引が完全にストップし、月曜日になると一斉に取引が再開されることで、窓が生じやすくなるのです。

窓が開いた後は、しばらく窓を開けた方向へ価格が推移します。

しかし、いずれ窓を閉める力が働くため、相場が転換してといわれています。

窓閉めは失敗に終わるリスクもありますが、この値動きを狙うトレーダーも数多く存在します。

パターン2.はらみ線・包み線

2つ目のFX分析パターンは、「はらみ線」・「包み線」です。

はらみ線とは、1本目のローソク足が次のローソク足の実体に収まる状態のことです。

対して、包み線は1本目のローソク足の実体に次のローソク足が収まる状態を表します。

はらみ線と包み線は、ともに転換点のサインとされています。

ただし、発生する局面・陽線か陰線かによって、示唆する相場状況が異なるため注意が必要です。

はらみ線の発生局面と相場状況の関係は、次の通り。

  • 上昇相場:「大陽線」内に小陽線・小陰線が収まる場合「下降へ転換」
  • 下降相場:「大陰線」内に小陽線・小陰線が収まる場合「上昇へ転換」

包み線の場合は下記の通りです。

  • 上昇相場:陽線が次の「大陰線」に収まる場合「下降へ転換」
  • 下降相場:陰線が次の「大陽線」に収まる場合「上昇へ転換」

はらみ線と包み線は非常に似ているため、それぞれを明確に区別できるようにしましょう。

パターン3.赤三兵・黒三兵

3つ目のFX分析パターンは、「赤三兵」・「黒三兵」です。

そもそも、「三兵(さんぺい)」とは、3本のローソク足が連続して陽線・陰線のいずれかを形成することです。

陽線が連続して3本形成された場合は「赤三兵」、陰線が連続した場合は、「黒三兵」といいます。

陽線が連続した赤三兵の発生後は、上昇トレンドへ突入する可能性が高いです。

対して、陰線が連続した黒三兵の発生後には、下降トレンドへ突入するとされているため、それぞれ買い・売りのシグナルとして利用できます。

ただし、3本目のローソク足が価格の推移方向へ長いヒゲを形成した場合は、逆方向へのトレンド突入を表します。

赤三兵・黒三兵では実体のみならず、ヒゲの長さ・方向も併せて確認すると良いでしょう。

ローソク足の見方をマスターしてFXに役立てよう

この記事では、ローソク足の見方とFXの分析パターンを解説しました。

ローソク足は、FXの分析における基本的な知識。

ローソク足を見るだけでも、相場状況・加熱具合など様々な分析のヒントを得られます。

ローソク足の見方をマスターし、FX取引に役立てていきましょう。

最初のコメントをしよう

必須