FXとはどんな取引?初心者が知っておくべき基礎知識から始め方まで徹底解説

FXが一体どのような取引なのか、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

結論からいって、FXとは、FXは預けた担保金を使っておこなう、外国為替取引のことです。

この記事ではFX初心者の方に向け、FXの基礎知識から始め方を解説します。

FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとは、「Foreign Exchange」の略であり、日本語に訳すと外国為替といいます。

外国為替とは、ある国の通貨を他国の通貨に交換すること。

海外旅行で、日本円を米ドルやユーロに両替する行為がまさに外国為替です。

ただし、一般的にFXは、この外国為替を証拠金でおこなう取引を表します。

証拠金とは、取引の際に預けなければならない担保金のこと。

つまり、FXは預けた担保金を使っておこなう、外国為替取引を意味します。

また、FX取引では、各通貨の価値を表す為替レートをもとに、取引をおこないます。

為替レートは、各通貨の需要と供給によって常に変動しており、この変動を利用し利益を出すのがFXの目的です。

FXで利益が出る仕組みとは?

FXで利益が出る仕組みには、下記2つのパターンがあります。

  • 為替レートの変動で利益が発生
  • スワップポイントで利益が発生

この章では、FXで利益が発生する仕組みについて、深掘りして解説します。

為替レートの変動で発生する利益

FXでは株式投資とは異なり、2種類の価格変動から利益が発生します。

  • 安く買って高く売る
  • 高く売って安く買う

1つ目のパターンは、安く買って高く売ること。

これは、FXに限らずどのビジネスにおいても、収益を目指す上での鉄則ですね。

たとえば、1ドル=100円の時に1,000ドル購入し、1ドル110円になったら1,000ドル売却したとします。

この場合は、差額(110−100)×1,000ドル分=1万円が利益ということになります。

2つ目のパターンは、高く売って安く買うこと。

一般的なビジネスでは、材料や商品を仕入れる(買う)ことから始まりますが、FXでは、なんと「売り」からでも取引を開始できるのです。

仮に、1ドル110円の時に1,000ドル売却し、1ドル=100円になったら1,000ドルを買い戻した場合。

先ほどの例の真逆をやっているわけですが、これでも利益は同様の1万円です。

FXでは、為替レートの変動(差額)が利益になるため、売り・買いのどちらからでも取引を開始できます。

つまり、収益を求める計算式は、次の通り。

(取引開始時と終了時の差額)×取引量=収益・損益

スワップポイントで発生する利益

FXで利益を出す2つ目の仕組みは、スワップポイント。

スワップポイントとは、2カ国間の金利差によって発生する利益のことです。

たとえば、低金利通貨の日本円を売り、高金利通貨のトルコリラを買った場合、双方の金利差を受け取れるというもの。

ただし、反対にトルコリラを売り、日本円を買った場合は、毎日金利差を支払うことになるため注意が必要です。

FXは平日24時間取引が可能

FXには、ニュースに出てくる東京証券取引所などの取引所が存在しません。

FXは、世界中の銀行によるネットワーク(インターバンク市場)で取引されています。

インターバンク市場では、世界中の銀行が開いている限り取引がおこなわれるため、FXは、平日24時間いつでも取引が可能です。

ただし、土日やクリスマス、お正月などは、取引ができないため注意が必要です。

余談ですが、FXでは、世界3大市場として、東京市場・ニューヨーク市場・ロンドン市場が存在します。

ただし、先述の通りFXに取引所は存在せず、これらはあくまでも、各国の通貨が頻繁に取引される時間帯を表す言葉として使われています。

東京市場を例にすると、日本円が頻繁に取引される日本時間9:00~17:00を表します。

世界3大市場のことを、取引所と勘違いするケースが多いため、注意が必要です。

覚えておきたいFXの専門用語4選

FXを始める上で、最低限理解しておきたい用語が下記の4つです。

  • レバレッジ
  • 必要証拠金
  • 強制ロスカット
  • スプレッド

それぞれの用語について、理解を深めていきましょう。

用語1.レバレッジ

レバレッジとは、少ない資金で大きな資金を動かせる仕組みのこと。

通常のFX取引では、取引口座に入れた資金の範囲内でしか取引ができません。

仮に、10万円の資金が手元にある場合は、最大10万円までの取引しかできないのです。

しかし、レバレッジを使用すると、手元資金に対して最大25倍までの取引が可能になります。

つまり、10万円の資金で最大250万円の取引ができるのです。

また、日本のFX会社は、法律によりレバレッジの最大が25倍と定められていますが、海外のFX会社では100倍を超えることもあります。

レバレッジをかけることで、通常よりも資金効率を格段に高めることができ、効率よく利益をあげることが可能です。

用語2.必要証拠金

必要証拠金とは、取引をするために預けなければならない、最低限の証拠金のこと。

必要証拠金は、先ほどのレバレッジとも関係があります。

レバレッジは、手元の資金以上のお金を動かせす仕組みであり、必要証拠金は、その取引に必要な担保金額のこと。

先ほど、10万円の資金で最大250万円の取引ができと解説しましたが、この取引における必要証拠金は10万円ということになります。

用語3.強制ロスカット

前提知識として、FXでは取引を終了しない限り、収益・損益が発生しません。

そこで、取引中の未確定の収益・損益と区別するために、含み益・含み損という用語を使います。

含み益・含み損とは、今現在取引を終了した場合に発生するであろう収益・損益のことです。

FX取引で含み損が大きくなり、一定水準を超えた場合には、強制的に取引を終了(ポジションを閉じる)させられる、強制ロスカットがおこなわれます。

強制ロスカットがおこなわれると、その時点で発生した含み損が損益として確定してしまいます。

一見すると、強制ロスカットは投資家にとってデメリットに感じますが、決してそうではありません。

仮に、含み損を抱えたまま、相場がさらに悪化した場合、トレーダーの損益が莫大なものになる可能性があります。

これでは、取引終了とともに多額の負債を抱える可能性もあるため、投資家の資産を保護するために強制ロスカットがおこなわれるのです。

用語4.スプレッド

スプレッドとは、取引開始時に必ず発生する手数料のようなものです。

FXでは、同一通貨であっても買い値と売り値の間に価格差があり、この価格差がスプレッドです。

一般的なFX会社は、取引手数料を無料としていますが、スプレッドは実質的な取引であると考えられます。

また、利用するFX会社によってスプレッドの幅が異なるため、手数料を抑えるにはスプレッドが狭いFX会社を選ぶことが重要です。

FXの始め方を4ステップで解説

FXを0から始める方は、下記4ステップで進めるとよいでしょう。

  • 口座を開設するFX会社を決める
  • FX口座を開設
  • 証拠金を入金
  • FX取引を開始

FXを始める際には、わからないことが多く不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

しかし、近年では比較的カンタンに口座開設や入金がおこなえるため、初心者の方でも問題なくできるでしょう。

FXの始め方と各ステップのポイントについて、こちらの記事で詳しく解説しています。

▶︎FXの始め方とは?取引開始までのやり方と初心者におすすめのFX会社3選

【初心者必見】FXに関するよくある質問Q&A

FXはいくらから始められる?

利用するFX会社によって異なりますが、一般的には、4万円です。(レバレッジ25倍)

ただし、少額から初めてしまうと、強制ロスカットにあう可能性が高いでしょう。

そのため、まずは、10万円から始めるのがおすすめです。

FXは何で勉強すればいい?

FXの基礎的な知識を学ぶのであれば、下記3つが有効です。

  • 本を読む
  • ブログを読む
  • 講座を受講する

しかし、FXで利益を出すためには、実践経験を積んで自分の取引スタイルの確立や取引スタイルの改善が重要です。

そのため、基礎知識の学習だけでなく、FX取引を実際におこなうとよいでしょう。

初めのうちは、架空の資金を使って練習できるデモ取引がおすすめです。

FX取引の危険性について知りたい

FX取引では、予測した方向と反対方向へ価格が推移した場合、損失が発生する恐れがあります。

また、レバレッジをかけている場合には、この損失額が大きくなる傾向にあるため、リスクが全くないわけではありません。

しかし、一般的に適切な資金管理下でFX取引をおこなえば、手元資金以上の損失が発生することはありません。

基礎知識を理解してからFXを始めよう

この記事ではFX初心者の方に向け、FXの基礎知識から始め方を解説しました。

FXとは、預けた担保金を使っておこなう、外国為替取引のことです。

FXは学ぶべき知識が多く、基礎学習に苦労するかと思いますが、この記事の内容を参考にチャレンジしてみてください。

最初のコメントをしよう

必須