FXの1分足スキャルピングに最適なトレードツールとは?

・FXのスキャルピングで、思うような結果が出ないな。
・どうしてスキャルピングで勝てないんだろう?
・FXのスキャルピングで使えるツールがあれば知りたいな。

FXのスキャルピング取引をしているあなたは、上記のようにお考えではないでしょうか。

FXのスキャルピングは資金効率が良く、最短で大きな利益をあげられる反面、取引回数が多いことで「FXからの退場」につながりやすいというデメリットもあります。

FXからの退場を避けるためにも、この記事ではスキャルピングに最適なツールとそのメリット・デメリットを解説します。

ぜひ最後までご覧ください。

FXのスキャルピングで勝てない人の特徴

FXのスキャルピングで勝てない(利益が出ない)人は、共通して下記の特徴を持っているケースが多くあります。

  • 根拠の弱いポイントでエントリーしている
  • 大きな利益を狙い過ぎている
  • 集中力が切れた後も取引している

この章では、スキャルピングで勝てない人に共通する特徴を詳しく解説します。

普段のFX取引を振り返り、自分が上記の特徴に当てはまっていないかを確認するようにしましょう。

特徴1.根拠の弱いポイントでエントリーしている

1つ目の特徴は、根拠の弱いポイントでエントリーしていること。

FXにおいて、将来の価格を100%的確に予想することは、たとえトップクラスのトレーダーでも不可能です。

では、一体なぜ、トップクラスのトレーダーは大きな利益を出せているのでしょうか。

それは、相場からあらゆる情報をかき集め、エントリーの根拠を固めているためです。

エントリー根拠を固めることで、損失の発生を防ぎ、なおかつFX取引で勝つ確率を高められます。

また、「これらの根拠が定まったらエントリーする」というように、取引に一貫性を持たせることで、取引後の検証がしやすくなります。

仮に、損失が出れば、どこがダメで何が良かったのかを反省しやすくなるため、より良い方向へと改善できるのです。

特徴2.大きな利益を狙い過ぎている

2つ目の特徴は、大きな利益を狙い過ぎていることです。

FXのスキャルピングは、数pips〜10pipsほどの小さな値幅を狙う取引スタイル。

しかし、FXのスキャルピングで勝てていない人は、「もう少し待てば、1,2pips伸びるだろう」と「勘」に頼って、利確幅を伸ばしているケースが多いのです。

もちろん、この方法でうまくいく場合もありますが、多くの場合は、価格が反転して含み益が減少するでしょう。

FXにおいて、「勘」や「運」に任せた取引は自殺行為です。

そのため、FXのスキャルピングでは、取引前に決めた利確ポイント・損切りポイントを「厳守」することが重要です。

特徴3.集中力が切れた後も取引している

3つ目の特徴は、集中力が切れた後も取引していることです。

FXのスキャルピングは、1日に何十回〜何百回と取引を繰り返し、短時間で判断・決断を迫られるため、集中力が切れることもあるでしょう。

人間ですから、集中力が切れること自体は仕方がないことです。

しかし、集中力が切れた後も取引を継続していては、判断ミスや正確な分析ができないなど、損失の原因になりかねません。

FXのスキャルピングでは、1日の中で何度も取引のチャンスがやってきます。

そのため、疲れた時には休憩を挟むなどして、取引の質を落とさないようにするとよいでしょう。

FXのスキャルピングで利益が出ないと最悪の場合退場に…

スキャルピングに限らず他のFX取引スタイルでも、トータルで収益を発生させなければ、資金が底をつき「FXからの退場」に繋がります。

中でも、スキャルピングは、1回のあたりの損失が小さいため、「少し損失が出たけど、明日取り返せば大丈夫」と考えることもあるでしょう。

しかし、FXにおいて、ある日突然勝てるようになることは、まずありえないため、この考え方は非常に危険です。

FXは、普段から相場について学んだり、手法の検証・修正を繰り返して、徐々に利益を出せるようになるもの。

仮に、数日間は利益が出たとしても、一過性のものに過ぎません。

つまり、FXのスキャルピングで利益を出すには、普段から学習や実践を通して、あなた自身が実力をつけなければならないのです。

手段はなんであれ、良いでしょう。

  • FXに関する書籍で情報収集
  • デモ取引でFX取引の練習
  • ツールを使って不足分を補う など

FXのスキャルピングで結果を出すには、トレーダーであるあなたのレベルアップが重要です。

FXの1分足スキャルピングに最適なツールとは?

FXの1分足スキャルピングに最適なツールは、「超」秒速スキャルFX・成功のイデアです。

この章では、「超 秒速スキャルFX」の概要について、詳しく解説します。

ロジック+サインツールを提供する「超 秒速スキャルFX・成功のイデア」

「超 秒速スキャルFX」は、FXのスキャルピングに特化したロジックとサインツールを提供する商品です。

FXのツールというと、自動売買ツール・サインツールなど、ツール単独で提供している商品がほとんどです。

しかし、「超 秒速スキャルFX」では裁量トレードを推奨しており、トレーダーのレベルアップを目的とした情報コンテンツも提供しています。

「超 秒速スキャルFX」におけるサインツールは、あくまでもトレーダーをサポートする補助的な役割。

注目すべきは、トレーダーのレベルアップにつながる、「2つのスキャルピングロジック」なのです。

「超 秒速スキャルFX」で提供される2つのロジック

「超 秒速スキャルFX」が提供する2つロジックは、次の通り。

  • 秒速スキャルロジック
  • イデアロジック

秒速スキャルロジックとは、トレンドの押し目・戻り目を狙ったトレンドフォロー手法のこと。

オシレーター系インジケーターの「RSI」と、トレンド系要素も持ち合わせた「MACD」を表示させ、相場の買われ過ぎ・売られすぎを元に取引します。

RSIはレンジに強くトレンドに弱い、MACDはレンジ相場に弱くトレンドに強いため、お互いの弱点を補完した安定性のあるロジックです。

イデアロジックとは、秒速スキャルロジックの利確後に、更なる大きな利幅を狙う手法のこと。

ボリンジャーバンドを表示させ、「某σ」でトレンドの発生を確認後、流れに乗るというオーソドックスなロジック。

「超 秒速スキャルFX」のサービス内容に抵触する恐れがあるため、詳しくは解説できませんが、使用するインジケーターは、上記3つです。

しかし、単にインジケーターを使って取引するだけでなく、情報コンテンツで解説されるダウ理論・ライン・上位足・ローソク足を使った相場分析など複数の根拠を組み合わせ、裁量判断を下します。

これらに加え、秒速スキャルロジック・イデアロジックを採用したサインツールを組み合わせることで、より確実な利幅の確保が実現できるでしょう。

「超 秒速スキャルFX」のメリット・デメリット

これまで超 秒速スキャルFXの概要を解説しましたが、実は超 秒速スキャルFXには、メリットだけでなくデメリットもあります。

この章では、「超 秒速スキャルFX」のメリット・デメリットを解説します。

双方を十分に理解し、検討するとよいでしょう。

「超 秒速スキャルFX」のメリット

「超」秒速スキャルFX・成功のイデア」のメリットは、次の3つ。

  • ツール頼みではなくトレーダーのスキルアップに繋がる
  • サポート体制の充実
  • 価格帯がリーズナブル

1つ目のメリットは、ツール頼みではなく、トレーダー自身のスキルアップにも繋がる点です。

「超 秒速スキャルFX」は、チャートにエントリーポイントを表示させるサインツールも提供していますが、あくまでも補助用ツール。

注目すべきは、ロジックや相場観の捉え方などを解説した講義です。

具体的には、下記3種類の講義が用意されています。

  • 各ロジックの講義
  • 相場分析の講義(全12回)
  • 疑問・不安への対応 オンラインセミナー(全3回)

単にロジックを伝えられるだけでなく、仕組みや分析方法まで解説してもらえるため、初心者の方でもFX取引に活かしやすい点が魅力です。

また、疑問や不安が生じた際は、オンラインセミナーで解消できるため、講義内容を100%理解できるでしょう。

2つ目のメリットは、サポート体制の充実です。

先ほどのオンラインセミナーとは別に、「コメントサポート」や「メールサポート」、「フォローアップ動画」が用意されています。

「超 秒速スキャルFX」では、ロジックの基礎〜応用までを提供しているため、内容の難易度によっては徐々に疑問が増えてくるでしょう。

こうした疑問をサポートするための体制は、十分に整っているため、学びを深めることができます。

3つ目のメリットは、価格帯がリーズナブルなこと。

「超」秒速スキャルFX・成功のイデア」の価格は、税込43,780円。

サインツールとしてはやや割高ではありますが、「超 秒速スキャルFX」にはスキルアップ講座やサポート体制なども含まれます。

一般的なFXセミナーは、月額2万円以上かかるものもあるため、ツール代+セミナー代で考えると「超 秒速スキャルFX」はリーズナブルではないでしょうか。

「超 秒速スキャルFX」のデメリット

「超 秒速スキャルFX」のデメリット(注意点)としては、「FX取引をツールに任せ、楽に稼ぎたい」という方には向いていないこと。

提供ツールはサインツールであるため、FX取引をツールに任せたい方には適していません。

そのため、FX取引自体をツールに任せたい方は、自動売買機能のあるツールを検討するとよいでしょう。

ただ、先述の通り、「自分が実力をつけてFXのスキャルピングで利益を出したい」と言う方には、「超 秒速スキャルFX」が適しているのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、スキャルピングに最適なツールとそのメリット・デメリットを解説しました。

FXのスキャルピングは、一回あたりの損失が少額ですが、積み重なれば大きな損失となり、「FXからの退場」に繋がる恐れがあります。

そのため、あなた自身が実力をつけ、利益を出せるようにならなくてはなりません。

今回紹介した「「超」秒速スキャルFX・成功のイデア」は、裁量トレードに重きを置き、サインツール+ロジックなどを提供するサービスです。

サポート体制も充実しており、トレーダーとしてのレベルアップも期待できます。

現状、FXのスキャルピングで思うような結果が出ていない方は、検討してみてはいかがでしょうか。

最初のコメントをしよう

必須