FXデイトレードの始め方とは?デイトレにおすすめのFX口座と初心者が稼ぐためのコツ

FXのデイトレードを始めるにあたり、次のような悩みをお持ちではないでしょうか。

  • FXのデイトレードは、一体何から始めればいいの?
  • デイトレードに適したFX口座ってどれだろう?
  • 初めてのFXだから、いろいろ不安だなぁ…。

本記事では、こうした悩みを解消していきます。

記事の前半では、FXデイトレードの概要や始め方を、後半ではデイトレで稼ぐためのコツや注意点を解説します。

ぜひ最後までご覧いただき、FXトレーダーの仲間入りを果たしましょう

FXのデイトレードとは?

デイトレードとは、当日中に注文を決済し、取引を翌日に持ち越さない短期的な手法のこと。

もう1つの短期取引「スキャルピング」と混同してしまうケースが多いため、まずは、デイトレードの特徴をおさらいします。

FXデイトレードの特徴をおさらい

FXデイトレードの1番の特徴は、就寝時に為替変動の影響を受けないこと。

日本時間の夜は、ドルストレートの通貨ペアが活発に動き出すアメリカ時間です。

仮に、ポジションを保有したまま眠りにつけば、知らぬ間に損失が発生することもあるでしょう。

しかし、デイトレードは当日中に決済するため、深夜の値動きによって損失が発生するリスクがありません。

2つ目の特徴は、スプレッドの負担が大きいこと。

スプレッド(≒手数料)は、FX取引ごとに生じるため、短期間で取引を繰り返すデイトレードでは大きな負担になります。

また、デイトレードは取引ごとの利幅が小さいため、スプレッドによる利益率の圧迫には注意が必要です。

3つ目の特徴は、取引で損失が発生する可能性を示す「為替変動リスク」が低いこと。

言い換えれば、トレードで大きな損失を出しにくいということです。

スプレッドの負担こそありますが、為替変動リスク・深夜帯の損失リスクが低いため、FX初心者向きの取引手法と言えます。

FXデイトレードとスキャルピングの違い

FXの短期取引手法には、デイトレードの他にスキャルピングがあります。

双方は非常に相似した手法ですが、厳密には下記の違いがあります。

取引手法1回の取引時間取引回数狙う利幅為替のリスク
スキャルピング数秒〜数分1日に数十〜数百1~10pips小さい
デイトレード数分〜数時間1日に数回〜数十回10~100pips小さい

FXのスキャルピングについてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

▶︎FXのスキャルピングはどんな手法!?その特徴と勝率を上げるための4つのポイント

【初心者必見】FXデイトレードの始め方とは?

デイトレードに限らずFX取引に必要なものは、FX口座と証拠金のみ。

下記の手順で準備を進めると、スムーズに取引を開始できます。

  1. 口座を開設するFX会社を決める
  2. FX口座を開設
  3. 証拠金の入金
  4. FXデイトレードの開始

FXを始めるにあたって特に重要なことは「取引手法にあったFX口座を選ぶこと」。

理由は、FX口座によってスプレッド・通貨ペアなどが異なるためです。

デイトレードはスプレッドの負担が大きく、小さな利幅を狙う手法。

従って、下記の基準で選ぶのがおすすめです。

  • 最低取引単位が低い(少額から始められる)
  • スプレッドは狭いか?(手数料が安いか)
  • 狙ったポイントで決済できるか(約定率)
  • サポート体制の充実

海外のFX会社では金銭的なトラブル・詐欺が発生しています。

もし、心配な方は国内の大手FX会社を利用しましょう。

デイトレードに最適な3つのFX会社

デイトレードに最適なFX会社は、下記の3つです。

  • DMM FX
  • GMO クリック証券
  • SBI FX

この3社は先の判断基準を満たし、なおかつ多くのトレーダーに利用されている会社です。

もし、FX会社を決めかねているのであれば、上記3つから選ぶとよいでしょう。

DMM FX

  • 初心者から上級者まで幅広いトレーダーが利用
  • 80万口座以上の開設実績
  • 充実した取引ツール
  • シンプルで扱いやすい取引画面
最低取引単位1lot=10,000通貨
取引に必要な最低証拠金(米ドル/円)44,000円(1ドル=110円)
スプレッド0.2銭(米ドル/円)0.5銭(ユーロ/円)1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア21種類
公式サイトDMM FXは初心者向け


GMO クリック証券

  • FX取引高 世界第1位
  • 東証一部上場企業が運営
  • スプレッドが狭く原則固定
  • キャッシュバックが充実
最低取引単位1lot=10,000通貨
取引に必要な最低証拠金(米ドル/円)44,000円(1ドル=110円)
スプレッド0.2銭(米ドル/円)0.5銭(ユーロ/円)1.0銭(ポンド/円)
通貨ペア20種類
公式サイトGMO クリック証券

SBI FX

  • 顧客満足度 2年連続 第1位
  • 少額スタートが可能
  • 豊富な通貨ペア
  • 業界最狭水準のスプレッド
最低取引単位1lot=1通貨
取引に必要な最低証拠金(米ドル/円)5円(1ドル=110円)
スプレッド0.09銭(米ドル/円)0.3銭(ユーロ/円)0.69銭(ポンド/円)
通貨ペア34種類
公式サイトSBI FX

FXのデイトレードで使うべき時間足とは?

FXのデイトレードでは、分足のみを使用するトレーダーも少なくありません。

しかし、相場状況をより正確に捉えるには、下記4つの時間足を複合的に分析することが大切です。

  • 4時間足
  • 1時間足
  • 15分足
  • 5分足

FXの相場は、下位足が上位足に依存するといわれています。

例えば、5分足では価格が下降、1時間足では価格が上昇しているとします。

すると、5分足の下降は上位足に逆行する形となり、その後上昇へと転じる可能性が高いのです。

ポジションの保有期間が短いデイトレードでは、転換前に利確できるケースがほとんどですが、少しでも負の要素があるのであれば、回避するのが得策でしょう。

また、複数の時間足を確認することで、トレンドの兆候をつかめたり、意識されている高値・安値を見つけれたりと、相場分析の判断材料を集められます

したがって、デイトレードでの勝率を少しでも高めるためには、4つの時間足を複合的に分析することが大切です。


各時間足の特徴や確認すべきポイントを詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

▶︎FXデイトレードに最適な4つの時間足と負けを減らすためのポイント

FX初心者がデイトレードを上達させるためのコツ

これからデイトレードを始める方に向け、デイトレードを上達させるための3つコツを解説します。

  • 根拠のある取引をおこなう
  • 取引前に損益を想定
  • 手法・分析方法の検証を繰り返す

どれも基本的なことですが、基本無くしてデイトレードの上達はあり得ません

億劫に感じるかもしれませんが、FXで稼ぐためにもぜひ実践してみてください。

コツ1.根拠のある取引をおこなう

デイトレード上達のコツ1つ目は、根拠のある取引をおこなうこと。

「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、当たり前を当たり前にこなすのは非常に難しいものです。

ついつい勘頼みの取引を繰り返してしまい、資金を失うというケースは珍しくありません。

FXはギャンブルではなく、金融商品(投資)です。

取引の目的は利益をあげることですから、「なんとなく」や「勘」を排除し、根拠のある取引を心がけましょう。

コツ2.取引前にシナリオを想定

デイトレード上達のコツ2つ目は、取引前にシナリオを想定すること。

シナリオを策定すれば、改善点や良い点を見つけやすくなるためです。

「仮説→実行→評価→改善(PDCA)」を繰り返すことで、少しずつ負けを減らし、利益の拡充を実現できるでしょう。

また、シナリオ策定をすることで、取引のギャンブル化損失の拡大を防ぐ効果もあるため、ぜひ実践してみてください。

シナリオ策定で決める内容は、主に下記の4つです。

  • どこで利確するのか
  • どこで損切りするのか
  • どのタイミングでエントリーするのか
  • 価格がどう動くと予測するのか

上記を想定し、トレードノートに残しておけば、取引後の反省・改善に役立ちます。

地道な作業ではありますが、コツコツと積み重ねてデイトレードの上達を目指しましょう。

コツ3.手法・分析方法の検証を繰り返す

デイトレード上達のコツ2つ目は、手法・分析方法の検証を繰り返すこと。

これからデイトレードを始める方は、書籍やネット情報を参考に、手法などを学ぶはずです。

もちろんFXについて学ぶことは、収益化を図る上で非常に重要なことです。

しかし、学んだ手法の有効性を確認せずに、実戦投入するのはおすすめできません。

理由は、主に次の2つ。

  • 使えない手法かもしれない
  • 自分の取引スタイルと合わない可能性がある

すべての手法・分析方法が使えるとは限りませんし、仮に使える手法でも、相場状況によっては使い物にならないこともあります。

大切な資金を無駄にしないためにも、まずは、デモトレード・FX練習ツールで手法の有効性を検証するようにしましょう。


おすすめのFX練習アプリ・ツールについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

▶︎【初心者必見】土日でも使えるFX練習アプリ&ツールおすすめ4選

FXのデイトレードについてよくある質問

FXのデイトレードにおすすめな通貨ペアとは?

FXのデイトレードにおすすめなのは、下記の特徴を持つ通貨ペアです。

  • 取引量が多い:相場が安定している
  • スプレッドが狭い:手数料の負担が少ない
  • 通貨・国の情報が多い:取引の判断材料を集めやすい

この特徴が当てはまる通貨ペアは、次の3つ。

  • ドル/円(USD/JPY)
  • ユーロ/ドル(EUR/USD)
  • ユーロ/円(EUR/JPY)

上記の3通貨ペアは取引量が多く、FX初心者の方でも挑戦しやすいでしょう。

また、東京市場・ロンドン市場・アメリカ市場では取引量が増加し、トレンドが形成されやすくなります。

したがって、トレンド相場を狙うデイトレードに適した通貨ペアといえます。


FXの取引時間について詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参照ください。

▶︎FXの取引時間はいつがいい?取引が活発なおすすめ時間帯と避けるべき時間帯

デイトレード・FXの基礎は何で勉強すればいいの?

FXやデイトレードの勉強は、書籍やブログ記事が一般的。

ただし、FXの知識が全くない方や基礎を学びたい方は、ブログよりもFX入門用の書籍を1,2冊読む方が良いでしょう。

書籍であれば校閲を通過し、一定の信憑性が担保されているためです。

さらに、FXの基礎知識が網羅的に書かれているため、効率良く学習できるでしょう。

デイトレードにおすすめなテクニカル分析は?

デイトレードでは、移動平均線などのトレンド系指標とRSIなどのオシレーター系指標の組み合わせがおすすめ。

トレンド系指標とオシレーター系指標の特徴は、次の通りです。

  • トレンド系:トレンドの有無・相場の方向性を示す
  • オシレーター系:相場の買われすぎ・売られすぎ(加熱具合)を示す

どのテクニカル使用を使うかは、トレーダーの好みによって左右されます。

したがって、まずは様々な指標を試し、自分好みの指標を見つけるとよいでしょう。

【注意】FXのデイトレードは簡単に稼げるほど甘くない

少し厳しい意見ですが、FXは簡単に稼げるほど甘い世界ではありません

理由は、FXがいわばお金の奪い合いだからです。

つまり、FXで稼ぐにはプロトレーダーや為替ディーラーなど相場におけるライバルと渡り合い、出し抜かなければならないのです。

FXを始めたばかりの初心者の方が、自分の裁量のみで勝ち残れるでしょうか?

おそらく、多くの方がFXからの退場を余儀なくされるはず。

では、一体どうすれば初心者の方がFXで収益化できるのか。

その答えは、「裁量トレードとサインツールを組み合わせる」ことです。

FX初心者に「裁量トレード+サインツール」がおすすめな理由

そもそもサインツールとは、搭載したロジックの条件を満たしたポイントを、チャート上に示してくれるシステムのこと。

いわば、自動で相場を分析するインジケーターのようなものです。

一体なぜ「裁量トレード+サインツール」をおすすめするのかというと、相場予測の根拠がより確かなものになるため。

相場の予測は、1つの根拠よりも2つ、2つよりも3つの方が的中する確度が高まります。

ただ、FXの知識・経験が少ない初心者の場合、相場を予測しても根拠が薄い・分析が誤っていることもあるでしょう。

そこで、トレーダーの意思に関係なく、搭載ロジックに従い自動で分析する「サインツール」がおすすめなのです。

もちろん、裁量トレード+サインツールで、予測が100%当たるわけではありませんが、裁量のみに比べ的中する確度が高まるはずです。

デイトレードにおすすめなサインツール「ダイヤモンド・トレンドFX」

販売者ダイスケ(専業トレーダー)
対象取引手法デイトレード(トレンドフォロー用)
対象通貨ペアUSD/JPY
EUR/USD
GBP/USD
AUD/USD
NZD/USD
USD/CHF
USD/CAD
購入前サポート03-5244-5344(平日11:00〜18:00)
価格65,780円(税込)
支払い方法VISA・MasterCard・JCB・AMEX・銀行振込
ホームページダイヤモンド・トレンドFX

「ダイヤモンド・トレンドFX」は、一般社団法人「日本投資家育成機構」の講師、ダイスケさんが提供するサインツール。

この章では、「ダイヤモンド・トレンドFX」がどのようなサインツールなのかを詳しく解説します。

ダイヤモンド・トレンドFXの搭載ロジック

ダイヤモンド・トレンドFXの搭載ロジックは次の2つ。

  • ハースト指標
  • 単体通貨

1つ目のハースト指標とは、統計に用いられる指標で、相場状況・加熱具合を把握できる指標です。

ハースト指数(H)の数値によって、トレンド・レンジの形成と加熱具合を示します。

ハースト指標はあまり普及していないため、想像しづらいかもしれませんが、トレンド系指標とオシレーター系指標をセットにしたイメージ。

トレンドの発生を捉えやすく、デイトレード向けの指標といえます。

2つ目の単体通貨とは、その名の通りドル、円など単一通貨のこと。

FXでは、米ドル/円のように通貨ペアで取引されますが、単体通貨ではあえて単一通貨として捉え、相場全体における買われすぎ・売られすぎを強弱にて表す手法

仮に、ドル/円の通貨ペアを買う場合、ドルを買って円を売ることを示します。

そのため、相場を俯瞰した際に、ドル強(買われてる)・円弱(売られている)の場合、ドル/円を買うのは理にかなっています。

このように、ダイヤモンド・トレンドFXは、ハースト指標と単体通貨の強弱が揃った際に、サインを点灯させるツールです。

ダイヤモンド・トレンドFXの基本機能

ダイヤモンド・トレンドFXは、サインツール以外の機能も搭載されています。

ダイヤモンド・トレンドFXの基本機能は次の3つ。

  1. トレンド・レンジの識別機能
  2. 通貨の方向性機能
  3. インジケーター値の表示機能

1つ目の機能は、チャート上の「Safety・Judge」というマークを点灯させることで、現在の相場がトレンドなのかレンジなのかを示す機能。

相場状況を瞬間的に認識できます。

2つ目の機能は、単体通貨の強弱を矢印の方向で知らせてくれる機能。

画像のように矢印が逆行している場合は、通貨が強・弱の状態を示しています。

3つ目は、チャート上に表示させたインジケーターを数値化する機能。

インジケーターは、線グラフで表されるケースが一般的ですが、この機能では詳細な数値を可視化できます。

ダイヤモンド・トレンドFXの特典

ダイヤモンド・トレンドFXの特典には、サインツール用特典と、裁量用特典の2種類があります。

サインツール向け特典裁量向け特典
搭載ロジックの集中講義リアルトレード動画1:最も重要な裁量判断
搭載ロジックの速習パッケージリアルトレード動画2:短期決済型トレード
ツールの導入マニュアルリアルトレード動画3:高確率のポイントの狙い方
チャートトレーニング(課題・解説)オンラインセミナー3回
相場解説レポート推奨通貨ペア以外を狙う応用テクニック
コメントサポート(無期限)コンテンツ制作の極秘ウラ話
メールサポート(90日間)トレーダー必見の節税対策
フォローアップ動画時間足を変えてトレードする場合の注意点

ダイヤモンド・トレンドFXはあくまでもサインツールですが、オンラインセミナーやトレード動画まで受けられます。

実戦的なトレーニング用のコンテンツ・動画が多いため、FXの勉強にも繋がるでしょう。

ダイヤモンド・トレンドFXのメリット・デメリット

ダイヤモンド・トレンドFXのメリットは、次の3つです。

  • 損小利大を目指す堅実なロジック
  • 搭載ロジックの解説が充実
  • 実践的なFX知識が学べる

サインツールは、ハースト指数でトレンドの発生をピンポイントで捉え、単体通貨の強弱にて根拠を下支えする堅実なロジック。

自己裁量と組み合わせることで、確度の高い相場予測が可能でしょう。

巷に出回っている粗悪なサインツールでは、搭載ロジックを明かさないものも存在します。

何を理由にサインが点灯するのかがわからなければ、当然エントリー根拠としては使用できません。

しかし、ダイヤモンド・トレンドFXでは、ロジックに関する集中講義もあるため、安心してエントリー根拠に使用できるでしょう。

さらに、自己裁量のトレーニングコンテンツが充実している点も魅力。

サインツールでありながら、セミナーやチャートトレーニングが受けられるため、非常に多くの学びがあるのではないでしょうか。

一方、ダイヤモンド・トレンドFXには、下記2つのデメリットもあります。

  • ロジック理解に時間がかかる
  • 裁量でもダマシ対策が必要

ハースト指数や単体通貨は、比較的マイナーなFX手法です。

出回っている情報量も少ない上に、馴染みのない手法のため、ロジックの理解に時間を要するでしょう。

ただし、ロジックの理解やトレード面に関するサポートが充実しているため、初心者の方でも問題なく理解できるはずです。

デイトレードに限らずFXでトレンドを狙う際には、必ずダマシが生じるもの。

ダイヤモンド・トレンドFXは、堅実なロジックと解説しましたが、ダマシのリスクを完璧に回避することは困難です。

サインツールは、あくまでもサポートして扱い、裁量にて対策を講じることが必要です。

裁量とダイヤモンド・トレンドFXを組み合わせることで、根拠の補填が容易です。

FXの知識・経験が少ない初心者の方でも、結果に結びつけやすい堅実なデイトレード手法といえるでしょう。

ダイヤモンド・トレンドFXの購入はこちら

最初のコメントをしよう

必須