FX移動平均線のおすすめな期間の組み合わせとは?設定方法と取引手法を解説

FXの移動平均線について、下記のような悩みをお持ちではないでしょうか。

  • 移動平均線の期間はどんな仕組み?
  • 期間はどうやって選べばいいの?
  • 移動平均線の手法を知りたい

この記事では、移動平均線に関する上記の悩みを解消します。

また、おすすめの期間設定値も解説しているため、併せてご覧ください。

FXの移動平均線とは?

FXの移動平均線とは、一定期間における終値の平均値を計算し、チャート上に表示させたもの。

移動平均線はラインで相場の流れを示すため、ローソク足を見るよりも相場の方向性・勢いを捉えやすいのです。

また、トレンド・エントリーポイントの把握にも使用でき、FX初級者〜上級者まで多くのトレーダーが使用しています。

この章では、FXの基礎知識である3種類の移動平均線について詳しく解説します。

3種類の移動平均線

ひとえに移動平均線といっても、実は下記3種類の移動平均線があります。

  • 単純移動平均線(SMA)
  • 加重移動平均線(WMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)

上記3種類の移動平均線は、それぞれ特徴が異なるため、目的に合わせて使い分けるケースが一般的です。

1つ目の単純移動平均線(SMA)とは、一定期間における価格の平均値を計算し、繋ぎ合わせたもの。

移動平均線と聞いて多くの方がイメージするのは、この単純移動平均線です。

あらゆる相場状況へ柔軟に対応できるため、どれを使おうか迷った際には、単純移動平均線を選ぶと良いでしょう。

2つ目の加重移動平均線(WMA)とは、直近の価格に比重を置いて変動します。

直近の価格から遡るにつれ、価格への比重が下がる点が特徴です。

加重移動平均線は、価格が緩やかに変動する相場との相性が抜群です。

3つ目の指数平滑移動平均線(EMA)も加重移動平均線と同様で、直近の価格に比重を置いて変動します。

ただし、加重移動平均線よりも市場の変化をいち早く表すといわれており、価格の急激な変動に有効です。

一方、値動きが緩やかな相場では、正常に機能しにくいため、加重移動平均線との使い分けが必要です。

まずは、3種類の移動平均線を試し、自分に合うものを見つけてみてください。

移動平均線における期間設定の仕組み

移動平均線の対象期間は、パラメーター設定から任意で変更できます。

設定時に出てくる「期間」とは、平均化するローソク足の本数を表します。

仮に、1分足で期間を10に設定すれば、1分足10本分を平均化、また、1時間足で期間を20に設定すれば、1時間足20本分を平均化します。

ただ、ここで注意して欲しいのが、「〇〇日移動平均線」という表現は、意味合いが異なるということ。

〇〇日移動平均線の場合には、ローソク足の本数ではなく、〇〇日分の価格を平均化することを表します。

つまり、5日移動平均線の場合は、ローソク足の時間足にかかわらず、過去5日間の価格を平均化します。

上記の内容をまとめると、次の通り。

  • パラメータ設定の期間:平均化するローソク足の本数
  • 〇〇日移動平均線:ローソク足〇〇日分の平均値を表す

移動平均線の期間設定を誤ると、正しい分析ができなくなります。

期間設定時には、間違えがないかをしっかりと確認するようにしましょう。

FX移動平均線における期間設定の選び方

FXの移動平均線は、設定期間の違いから下記の3タイプに分類されます。

  • 短期移動平均線
  • 中期移動平均線
  • 長期移動平均線

移動平均線は期間に応じて特徴が異なるため、FXトレードの目的に合わせて期間設定を選ぶことが大切です。

短期移動平均線:スキャルピング・デイトレ向け

短期移動平均線は設定期間が短く、直近の価格を計算したもの。

細かな値動きを捉えやすいため、取引時間の短いスキャルピング・デイトレードで有効性を発揮します。

また、現行する価格に近い動きを示すため、FX初心者の方はローソク足と短期移動平均線を組み合わせて分析すると、相場の方向性・加熱具合を捉えやすいでしょう。

ただし、短期移動平均線は感度が高すぎるが故に、ダマシが生じやすいため、その点には注意が必要です。

中期移動平均線:スイングトレード向け

中期移動平均線は、短期移動平均線よりも滑らかな線を形成します。

中長期的な相場を得意とするため、スイングトレードで活用するケースが一般的です。

また、短期移動平均線よりもダマシの発生が少ない点が特徴です。

ただし、中期移動平均線では、急激な値動きへの反応が遅れるため、明確なエントリーポイントを探る際には適していません。

長期移動平均線:ポジショントレード向け

長期移動平均線では、相場全体が上げ下げのどちらに推移しているのかを把握できます。

短期・中期よりも動きが鈍いため、トレンドの発生ポイントや現在の方向性をピンポイントで把握するのには向いていません。

したがって、長期間ポジションを保有するポジショントレードで有効性を発揮する移動平均線といえます。

FX移動平均線のおすすめ期間の組み合わせ

移動平均線の期間をどのように組み合わせるかは、初心者の方にとって悩みどころではないでしょうか。

そのため、FX初心者の方は、下記の組み合わせをもとに移動平均線の期間を設定すると良いでしょう。

https://fx-navi.tokyo/moving-average-line-period

  短期移動平均線 中期移動平均線 長期移動平均線 
 短期取引(日足) 5・10 20・25 50
 中期取引(日足) 20・40 50・75 200
 長期取引(週足) 13 26 52

上記の期間を設定した根拠は、多くのトレーダーが意識するキリの良い数字のため。

トレーダーは移動平均線が示す方向性・傾きなどを参考に取引するため、多くのトレーダーが意識する設定期間であれば、価格がその通りに動きやすいのです。

仮に、全トレーダーがパラメーターの統一された移動平均線を使用し、移動平均線が価格の上昇を示唆したとします。

すると、ほとんどのトレーダーは、移動平均線に従って買いポジションを持つため、価格も上昇します。

したがって、移動平均線の設定値は多くのトレーダーに意識される数字を選ぶことで、相場の流れに乗りやすくなるのです。

上記の表で示した設定期間5・10は、5日・10日を平均化します。

つまり、1週間のFX営業日(月〜金曜)とゴトー日を示すため、少なからずトレーダーから意識されている数字です。

他の期間数値もFXの営業日・ゴトー日に関連する数値のため、多くのトレーダーが設定する数値なのです。

移動平均線を使ったFXトレード手法3選

移動平均線を使ったFXトレードの手法はいくつかありますが、中でも代表的なものを3つ解説します。

  • 移動平均線のデッドクロス・ゴールデンクロス
  • 移動平均線のパーフェクトオーダー
  • 移動平均線+他テクニカル指標の組み合わせ

手法1.FX移動平均線のデッドクロス・ゴールデンクロス

1つ目の手法は、売り買いのシグナルとしても有名な、移動平均線のデッドクロス・ゴールデンクロスを使った手法です。

デッドクロスとゴールデンクロスとは、複数の移動平均線がクロスするするポイントでエントリーするというもの。

具体的なエントリー基準は次の通りです。

  • デッドクロス:短期線が長期線を上抜けたポイントで買い
  • ゴールデンクロス:短期線が長期線を下抜けたポイントで売り

デッドクロスの発生は、強い買いを示唆するため、その後価格の上昇が起きやすいのです。

一方、ゴールデンクロスは、強い売りを示唆するシグナルです。

デッドクロス・ゴールデンクロスは、非常にポピュラーな手法ですが、ダマシに終わる可能性もあるため、注意が必要です。

もし、移動平均線のデッドクロス・ゴールデンクロスを狙う際には、他のテクニカル指標と組み合わせるなど、根拠の補強をおこないましょう。

手法2.移動平均線のパーフェクトオーダー

2つ目の手法は、移動平均線のパーフェクトオーダーを利用する手法です。

パーフェクトオーダーとは、短期・中期・長期移動平均線が、平行して推移している状態のこと。

パーフェクトオーダーの発生は、トレンドの形成を意味するため、形成されたトレンド方向へポジションを持つと、トレンドの流れに乗れる可能性が高いのです。

上昇トレンド・下降トレンドにおける短期・中期・長期移動平均線の並び順は、次の通り。

  • 上昇トレンド:短期・中期・長期(上から順に)
  • 下降トレンド:長期・中期・短期(上から順に)

並び順さえ覚えておけば、瞬時にトレンドの発生を把握できるため、覚えておくと良いでしょう。

手法3.移動平均線+他テクニカル指標

3つ目の方法は、移動平均線を別のテクニカル指標と一緒に使う手法です。

移動平均線は、インジケーターの中でもトレンド系に分類される指標。

トレンド系指標は、オシレーター系指標との相性が良いため、組み合わせるのであれば、次のオシレーター系インジケーターがおすすめです。

  • MACD
  • RSI
  • ストキャスティクス

オシレーター系の指標は、相場の買われすぎ・売られすぎなどの加熱具合を示す指標です。

仮に、買われすぎの場合には、その後反転して下降する可能性が高く、売られすぎの場合には、その後上昇する可能性が高いことを示唆します。

したがって、移動平均線でトレンドの形成を確認し、オシレーター系指標にて加熱具合を調べるケースが一般。

上昇トレンドが確認できたものの、買われすぎに達している場合には、トレンドが終盤もしくは勢いが弱いためエントリーを控えるなどの判断が可能です。

移動平均線のみでは、トレンドの持続性を確認できないため、複数のテクニカル指標を組み合わせ、根拠を補強することが重要です。

まとめ

この記事では、FXの移動平均線について解説しました。

FXの移動平均線とは、一定期間における終値の平均値を繋げ、チャート上に表示させたもの。

設定する期間によって3タイプの移動平均線に分類されます。

初めは、設定期間に悩む方も多いかと思いますが、自分の取引スタイルに合わせ、今回紹介した設定値を利用してみてください。

最初のコメントをしよう

必須